2006年12月31日

回顧録 〜とてもとても田舎編 その二十六〜(最終話)

小学校二年生春・・・
まだ、三年生になる少し前の時期です


突然の「引っ越し宣告!」(°口°;) !!
住む場所だけの引っ越しは知っているけど
今回は「よその町」へとの事
(父の転勤によるものでした)
(j o j) ウルルルル
友達と会えなくなる寂しさと
どんな所へ引っ越しするのか、どんな子達のいる学校なのか
そんな不安でイッパイでした

でも、そんな事に浸っている暇もなく
宣告から3日目にはクラスメートの前で挨拶をしてお別れとなったのです
一人一人にお礼の品を渡し、握手をし。。

あっさり・・・とってもあっさり・・・
思い出を振り返る時間も、何かを懐かしむ時間もなく・・・


クラスメートからのプレゼント
段ボール箱イッパイに詰まったいろいろな物
それを抱えて新しい地へトラックに揺られて出発するのでした・・・



【余談】
この朝は、風のとても強い日で
朝から学校がバタバタしていました ?(・_。)?(。_・)?
みんなに挨拶する前の先生のお話の中に
「○○ちゃんが、交通事故に遭いました」
「風が強くて道路に転んでいったんだそうです」
「帰り道、みなさんも気を付けましょう」
と・・・
軽い怪我で済んだという事でしたが
なんとも└(T_T;)┘ショッキングな旅立ちの日でした


※ 回顧録 〜とてもとても田舎編〜 は、ここまでです。
  年末を迎えたので、キリ良く投稿をしちゃいました(^^ゞ
  新年からは
  回顧録 〜チョット町?編〜 (仮称)でスタートします。
  ↑↑↑
  予告はいらないって?(;-_-)=○()°e°)ハグァ


この記事へのコメント
子供の頃の友との別れは純粋に切ないものですね。
その後、、お友達は元気になったのでしょうか。
トラックの揺れる振動も懐かしいですね。

紅白でクールファイブが歌っています。
好きでした。当時が思い出されます。
☆:゜☆:*:・'゜☆☆。.:*: ゜☆*:・'
Posted by ロベリア ◆ shanboru25 at 2006年12月31日 21:21
?(・_。)?(。_・)? ロベリアさん?
クールファイブとは渋いですねぇ〜
ん〜〜〜〜?たぶん「回顧録」の第二弾の頃に聞いていたような気がするのですが?(^◇^;)

後に、もう一度友との別れを経験します(・・、)
何度経験しても慣れることは無いですねぇ・・
Posted by bera ◆ bera at 2007年01月01日 00:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。