2006年11月03日

回顧録 〜とてもとても田舎編 その十四〜

今度こそ【学校の怪談】(^◇^;)

小学校にも慣れ、授業も普通になり、体育館での授業も

その頃、校舎は真新しかったのですが、体育館は木造の古い物でした
校舎と体育館を結ぶ渡り廊下もバラックのような造り


そんな体育館でのお話です

小学生と言っても一年生は、まだまだオコチャマ (*^。^*)
元気に〈( ^.^)ノヽ(^。^)ノ遊んでいても、トイレに行きたくなれば
「センセー(^o^)ノオシッコー♪」

古い体育館ですから、床や壁は薄汚れた感じの板張り
天井は、合掌造りで屋根板がそのまま見えます
電気は、その合掌の梁のしたに豆電球がプラプラ下がっているだけです
<小便器>はと言えば、その部分の壁がコンクリートで、等間隔に目隠しの板があるだけ
<個室>の方は、板の床に穴が開いていて、金隠し(^^ゞの板が立っているだけです
扉も板戸、鍵と言っても取っ手を横に滑らせて引っかけるだけ
その<個室>は四つか五つあったと思います
そして、男女共有


「センセー(^o^)ノオシッコー♪」と、一人でトイレに入ったときです
奥から二つ目の<個室>の扉が半開きなんですよ(・_・?)
まっ、(^-^)特に気にせず用を済ませ遊びに(授業に)戻ります

その後、何度か体育館のトイレに入るんだけど、いつも奥から二つ目だけが半開き・・・
薄暗い<個室>のドアから、半分ほど床の穴も見えます
残りの扉は、全開になっているか、誰もいなくてもきちんとしまっています

そんなある日、体育館にいると上級生の女の子達がトイレの入り口前で_-)))コソコソ話
「ねぇ〜、知ってる?」
「三年くらい前の六年生の男子と女子が・・・」「雨の日にここで喧嘩して、二人とも落ちて・・・」
「誰も気付かなくて死んじゃったんだって」
(◎-◎;)
「でさ〜、雨の日・・・女の子の泣き声が聞こえたり・・・」
「<手>が出てくるって噂もあるんだよ・・・」
「あの、奥から二つ目・・・・・」
(°θ°;) ノノ

二度と一人では入れませんでした
二度と見ることは有りませんでした「奥から二つ目」
オシッコも、入り口に一番近いところで、並んででも!!!


小学校一年生は、そんな噂ですらビビリまくりです(≧ロ≦)

まっ、(^o^)どこにでもある「噂話」ですねっ(^^ゞ


その体育館は、二年生の春に<新体育館>の落成と共に、解体されたのでした
 ホッ(^。^)♪


2006年10月31日

回顧録 〜とてもとても田舎編 その十三〜

【学校の怪談】

入学式を終え、すぐに<身体測定>があります
身長、体重、座高等々の他に、視力検査・・
色盲・色弱検査 ← 数字が見えるだとか、チョウチョが見えるってヤツ

それと一緒に、学校案内
全員でゾロゾロ先生を先頭に「ここが音楽室」「ここが図書室」とか・・



あっ!<音楽室>で思い出したことが!

音楽の時間
今日は合唱の授業でした _(‘O‘) p♪♪ララララー
<ピッカピカの一年生>は、みんなとっても恥ずかしがり屋さんです (*ノノ*)
先生がオルガンを弾きながら「もっと!元気よく〜〜(^-^)」と言っても、そうはみんな声が出ません
何度も何度も「もっと!大きく口をひらいてぇ〜(^-^)」・・・でも急には変わりませんよねぇ〜(^◇^;)

自分では声を出しているつもりだったので、次第に飽きてきます
『もう良いんじゃねぇーの?』と、思ったのかどうか?

テキトーに、ジョウダンで、バクバク口を開けて歌っていたら・・・?
「bera君(^o^)じょうずだよぉ〜」
「前に出てみんなに見せて頂戴(^_-)」←ウインクはしなかったけど
ヽ(。_゜)ノ へっ?
出来るわけ無いですよねぇ〜 f(^ー^; テキトーに、ジョウダン なんだから・・・

「あらぁ〜〜〜〜、さっきはとても上手に出来ていたのに」と、悔しがる先生

水平線に沈む夕日に照らされたような・・・真っ赤な顔で、自分の席に戻るのでした・・・


って?【学校の怪談】は?次回に持ち越しです(*^^)v

2006年10月28日

回顧録 〜とてもとても田舎編 その十二〜

【学校までの道のり】

前回書いたように、同級生も誰もいなくなってしまったので、当然通学も独りぼっちとなります・・・
と、文章にすると『寂しい』や『辛い』って雰囲気になるんだけど
当時、本人的には特にそんなことは無く(^◇^;)
速く歩くも道草食うもマイペースですからねっ(^_-)


家を出、小さな川を越えて右へ

1162040817.jpg
フェンスのように見える手前が川が流れていたところ
写真向こう側に歩いてゆきます
その川も、今は全然水がありません




しばらく松林を左手に見て歩き、途切れた頃広く町側に畑が続きます

1162040966.jpg
松林のあった道・・・今はありませんでした
三年ほど前は、少しだけだけど残っていたので、それが目印になってこの場所が見えたんですけど・・・




左は6月頃には黄色く染まる菜種畑(菜の花畑)、右は野菜でしょう(イチゴ畑もあったような?)

1162041098.jpg
近年、菜の花も作付けが減る一方らしく、その面影は無く、畑だったところには倉庫か工場が建ち、すぐ先にバイパスが横切っています


しばらくはそんな道が続き、その畑が途切れた頃、一面田んぼが広がります
また・・・しばらく

1162041300.jpg
今はバイパスを越えるとすぐに民家が建ち並んでいました
当然!アスファルト舗装となり、田んぼも全然無くなってます



間もなく踏切って頃になって、ようやく家が見え始めす
田んぼと畑が混在した辺り
その畑の真ん中にポツリポツリと農家の茅葺き屋根が見え始めるんです
道路沿いに並んだ家々は、その更に先

踏切を越えもう一息で国道
その辺になってようやく道沿いにも家がポツリポツリ・・

丁度踏切と国道の中間くらいに、小さな平屋の家があります 左側
小学校までの2/3くらいに位置してたのかな?
父の職場のオバさんが、お母さんと暮らす家
後に僕の<中継所>となる家がそこです(それはもうちょっと先)

まだまっすぐ進むと国道
突き当たって右に折れ国道を進みます『ふぅ〜、もう少し』(^。^)♪
この頃からようやく生徒の姿が見え始めます

しばらく歩いて矢印看板があり、左に折れると奥の方に小学校が見え始めます

1162041541.jpg
小学校への一本道です
(学校側〜国道側)



僕とおんなじ方向から来た子、反対側から歩いて来る子
その一本道が急に賑やかになり、学校に到着するのでした
4キロは裕に有ったろうなぁ〜・・・

1162041648.jpg
当時のまま・・・と言っても、塗装ぐらいは直してるでしょうね?
記憶違いで建て直した後だったりしたら
ショックヽ(。_゜)ノ






今日、行ったついでに確認したら、2キロちょいでした(^◇^;)
子供の頃って、何でも大きく!感じ、覚えてるんですよねぇ〜


1162042176.jpgおまけ写真(^◇^;)
校庭の片隅に<二宮尊徳(金次郎>の像がありました
当時、一人ランドセルを背負い歩く自分とダブらせて見ていましたねぇ・・・
<姿>だけですよσ(^◇^;)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。