2007年01月19日

魔法瓶

今夜は、身体を温めようと焼酎のホット茶割で飲んでます(^◇^;)
ヤカンではすぐに冷めてしまうので、魔法瓶に入れて

ちなみに我が家では、電気ポットは使っておりません
(電気代が異常に増えるため)


「真空二層式、ステンレス魔法瓶」だそうです

数年前、電化製品か何かのオマケでもらった「魔法瓶」
昔のままの物でした
テーブルの上で転ばしたら「ポンッ!」「カシャ〜ン」( ̄□ ̄;)!!ガーン
ガラス製の物だったのです
その後買い換えた物が、今夜使った物


そして・・・・・遠い昔を思い出しました
小学生とかそれ位?
遠足に付きものなのが「水筒」ですよね?
みんなそれぞれいろいろな物を持ってきます
  
  ビニールで出来ただけのキャラクター物の水筒
  これは、飲み物が入っているだけで、保温性はありません

  ブリキか何かの水筒を布で覆った物
  こちらは多少は、保温性があったのかな?

  ちょっとデザインが地味だけど、真空魔法瓶の水筒
  氷を入れると、しばらくは冷たいまま飲めます

そして僕は
新し物好きの親が持たせてくれるのが、三番目の魔法瓶水筒(^^)v

でもねぇ〜・・・
走り回ったり落としたり(×_×#(×_×;)
何本割ったことでしょうねぇ〜・・・



と、思いながら
ステンレス魔法瓶って
いつ頃出来たんでしょうねぇ〜?


2007年01月04日

思い起こせば・・・?

○十数年前・・・
一般的に仕事始めの本日
僕が生まれたのでした・・・\(o ̄∇ ̄o)/

【祖母の話】(すでに他界しておりますが)
正月休みが終わって
子供達が(親の兄弟達)ようやく仕事に行って
朝から近くの映画館に行ってたんだよぉ〜
映画が始まって「これから!」って時に
「beraが生まれそうだっ!」って呼び出されたんだよっ!


と・・・良く言われたものです(^◇^;)

そして
【僕の思い出】
回顧録で書いた頃のお話ですねぇ
12月24日は御存知の通り、クリスマスイブですよね?
そして、クリスマスケーキをいただきます
でも、結構大きいので一晩じゃ食べきれないわけですよ!
そうこうしているウチに、お正月で父の実家に行ってしまいます

〜☆・:.,;*〜☆・:.,;*
  帰ってくるのが1月3日夜
  翌日は僕の誕生日
〜☆・:.,;*〜☆・:.,;*

そこで出てくるのが、前出の残りのケーキ{{{{(+_+)}}}}
ローソクに再び火をともし・・・って、おいっ!ヾ(℃゜)∂


当時のケーキはバタークリームで日持ちも良かったのでしょう・・・
当時の家は隙間だらけで天然の冷蔵庫状態だったのでしょう・・・
それにしても・・・ねぇ(^◇^;)

まっ、明日の出勤に差し障りの無い程度に祝います←自分で^_^;

2006年12月06日

月夜の出来事・・・

今日『ふっ』と思い出した出来事

チョットだけさかのぼって初秋だったように思います・・・


なにをやらかしたのかは、不明ですが
父親がえらい剣幕で僕を怒ってるんですよ(`_´)!
たぶん、口答えでもしたのでしょう(^^ゞ
家の中から抱えられ外に連れ出され、物置に閉じこめられました

(TロT) エーン!と最初のうちは泣くばかりだったんですが
そのうち・・・
物置の高いところにある窓から お月様がこっちを見ているのに気付きます
そして、星もチラホラ(小さい窓から)

それに気付くと
『あぁ〜・・・僕はこのまま死んじゃうんだなぁ〜・・』←おおげさ(^◇^;)
『朝ご飯も食べられないんだなぁ〜』
 
そう思うと、じっとはしていられません!!!

物置の中は、リンゴ箱や梅の箱や とにかく木の箱がいっぱい!
暗闇に目が慣れてくると、窓まで上れる階段のようになっていることに気付きましたY(°_°)Y
よじ登り、何とか外に出ようと何かでガラスを割ったのです
ガッシャーン!

その音に気付いた父も母も血相を変えて物置に駆け込んできました
(O.O;)(o。o;)!!!
「怪我してないか!!!」
「ガラスなんで割れたの???!!!」
キョトン【゚゜φ】とする僕(割ったのは僕)
「ほぉ、とにかく良かった(¨;)」
来るときとは逆に、強引に家へと連れられて行ったのでした・・・怒りの欠片も無い風に



たぶん30センチ四方くらいの窓だったと思います
半月から更に少し掛けた・・・薄オレンジ色のお月様
僕の命を救ってくれたのでした(?)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。